【受講生の声】自分次第で成功できる!学ぶことで不動産経営がより身近な存在に

脇田 豊裕様 / 30代男性 / 証券会社勤務

資産運用の一手段として不動産経営に興味を持つ

父親や親戚、友人など私のまわりに不動産運用をしている人が多かったことが、不動産投資に興味を持った一番のきっかけです。

普段、証券会社に勤めているので日々接するお客様の中にも、不動産投資をされている方も多くいらっしゃいます。そういったお客様の話しを聞いて、資産運用のひとつの手段として魅力を感じました。

自分次第で成功できる!他の投資との違い

様々な資産運用や投資があるなかで、もっと自分の視野を広げるためにも不動産投資にも挑戦してみたい思い、不動産経営を学びました。

今は違う投資方法がメインとなっていますが、将来的には不動産投資にも力を入れて、資産を拡大していけたら良いなと考えています。

株式や投資信託は基本的に、投機的なやり方が主流だと考えています。相場の影響を受けやすい投資方法なので証券会社に勤めていると、実際にお客様の資産が大きく減ってしまうのを目することもあります。

不動産投資の場合は、目利きを学び、人間力を養い、シミュレーションをすることで負けない投資方法だと考えています。自分次第で成功できるのが、他の投資との大きな違いですね。

短期集中で不動産経営を学ぶ

不動産投資はまだはじめていませんでしたが、第1期生だった父と第2期を受講した双子の兄に勧められ、私も『不動産経営塾』を受講しました。

八木先生ではなく、宮城先生の短期集中型のプランで受講したのですが、宮城先生は八木先生とまた違ったタイプの先生でした。

実際に受講してみて、短期でも着実に知識が身になり非常に勉強になったと感じています。

八木先生はかなりインパクトがある方で、周りからすごく愛される存在です。不動産経営塾の学びで大切にしている、人間力というのがそのまま滲み出たような方という印象ですね。

不動産経営がより身近な存在に

不動産経営塾で学んだことで、今まで全然意識していなかった部分にも目がいくようになりました。日々の生活の中でも、物件を見つけると構造や築年数を想像してシミュレーションをします。普段から不動産運用をイメージするようになりました。

また、今年自分の家の購入を考えていて、そのことで八木先生にもご相談に乗っていただいているのですが、不動産の相場感や見極め方など、プライベートな場面でも学んだ知識が活かされています。

卒業生が参加できる『不動産経営研究会』では、物件を既にいくつも持たれている方の、実際に苦労した経験や成功した話を聞けます。そういった生の声が、非常に参考になっています。

より良い人生を送るために不動産投資へ挑戦

将来的にはメインでやっている、金融投資と不動産投資の二本柱で、これからの人生をより良いものにしていけるように、資産形成を整えていきたいと思っています。

去年いくつか狙っていた物件があったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり審査が厳しくなっていて、4件ほど審査が通りませんでした。そこはまた、タイミングを狙ってどんどんチャレンジしていきたいです。

LINE先行案内

不動産経営塾の募集開始はLINEにて優先的にお知らせいたします。