【受講生の声】「何をするかより誰とするか」八木塾長だから始めた不動産投資

不動産経営塾1期生 神谷 聡様

八木さんから不動産投資を学びたかった

小さい頃から不動産には興味がありました。

八木さんとはもともと繋がりがあり、八木さんから「不動産経営塾を始める」と聞いた時に「八木さんがやるのならばやってみようかな」と思ったんです。

最終的に決め手となったのは「自分が売った物件で買ったお客様が損をするなら買い戻す」という八木さんの一言。

八木さんへの絶大な信頼があったので入塾を決意しました。

八木さんは仕事面は真面目で固いですが、食事会などでは、どんな質問にも答えてくれますし、時には冗談も言ったり…優しく思いやりのある方です。

数字に弱くても不動産投資で収入を得ることは可能

税金とか、数字には弱くて・・・。不動産経営塾の税理士さんの講座を受けた時には、苦手な数字ばかりで眠くなることもありました。

また、入居者が退去した時にリフォームをし、その後の家賃設定に頭を悩ませることも多いです。

しかし、毎月家賃収入があるので、通帳を見た時にお金が増えているのは面白いですし、不動産投資の楽しさです。

有利な条件で融資を受けられるように「個人属性」を高めたい

良い物件に巡り合っても、銀行がお金を貸してくれなければ購入できません。

少しでも良い条件で借り入れをしようとすると、融資を受けるのに時間がかかり、その間に物件が売れてしまうこともあります。

有利な条件で融資を受けられるように、個人属性を高めるために日々勉強しています。

個人属性とは?

個人属性とは、銀行が融資をする際に確認する個人の事柄や条件のこと。

一般的には、個人識別情報・個人信用情報・勤務先の情報・収入・家族構成・住居状況・資産状況などの項目があげられます。個人属性の高い・低いは、不動産投資の融資の可否に加え、借入限度額や金利に影響を与えます。

卒業後も不動産の生きた情報を交換できる

不動産経営塾には卒業生のみが参加できる研究会があるんです。私は一番古いメンバーなのですが、期を跨いでいろいろな方と交流できるので、卒業後も不動産の生きた情報を交換できるのが魅力です。

大切なのは「何をするかよりも誰とするか」

一言で言うと「迷わずやれ!」しかないですね。

そして大切なことは、何をするかよりも誰とするか

八木さんはわからないことには紳士に答えてくれますし、信頼できる方です。

ぜひやると決めて、体験してほしいです。

不動産経営塾カリキュラム 6. 不動産経営における運営と出口戦略
10期生募集開始!

不動産経営オンライン塾

無料セミナー開催中

もう迷わない。
自分で選択する不動産投資
不動産管理業界16年の

充実したカリキュラムで
あなたの未来をつくります